深層表情筋


首周りにフェイササイズアップを使ったら、首のお肉とシワが減ったかも!?

お肌のお手入れは一生懸命していても、首って意外と忘れがち。若いころは何ともなかったはずなのに、40歳近くなってきた最近、首にシワが出たり何となくお肉がついたりしてきました。


今までは乾燥予防のために化粧水や乳液をつけて簡単なマッサージをする程度だった首のお手入れでしたが、首のシワはたるみの証拠!そこにお肉がつくと、余計にたるみが出てしまうじゃない・・・と心配になってきたので、普段はお顔の筋トレとお手入れに使っているフェイササイズアップを使うことにしました。


フェイササイズアップの効果は既に顔での使用で実感済みでしたが、首はどうなのかなって少し心配でした。そこで、高速タッピングのクリアモードで、首をなでるようにトリートメントすることにしたんです。


毎日のお顔の筋トレのついでに、数分間スルスルとフェイササイズアップを気になる首のシワ部分になでつけるだけ。お手入れ方法はすごくカンタンだから無理なく続けられるし、時間や手間をかけることもないので続けていけそうです。


まだ首にフェイササイズアップを使い始めて2週間くらいですが、首の肌のキメが細かくなってきたように思います。襟の大きく開いた洋服を着たときに、以前よりも首がスラっとしたように見えたので、首のお肉とシワが減ったかも。もう少し続けて使っていけば、もっとはっきりと効果が出るんじゃないかと思って楽しみにしています。フェイササイズアップをお持ちの方は、お顔だけじゃなくて首にも使ってみるといいですよ。





あごのお肉にお顔の筋トレをしたら、引き締まってシャープなフェイスラインに

少し前に主人から誕生日プレゼントにもらったフェイササイズアップ。ネット上の評判が良かったから買ってもらったけど、他にもずっと使ってる美顔器があったのでしばらく箱に入れたまま置いてあったんです。でも、せっかく買ってやったんだから使えと主人に言われて、今まで愛用していたのを一旦中止してフェイササイズアップに切り替えることにしました。


使ってみてちょっとびっくりです。今まで使ってたのはゆるゆるとした電流を感じるタイプだったのが、フェイササイズアップはしっかりとお顔の中の方にまで刺激が届いているのがよくわかる!


わたしはあごまわりのお肉がたるんでいるのがずっと気になってたんですけど、普通の美顔器はお肌の調子を良くしてハリをアップさせるだけだったので、あごのお肉はどうすることもできなかったんです。ところがフェイササイズアップを使い始めたら、お顔の筋トレがうまくできたみたいであご周りが少しずつスッキリしてきたんです。


あごのお肉がピっと締まると、フェイスラインが今までよりシャープな感じに見えるようになったみたいで、いろんな人から「痩せた?」と言われるようになりました。気のせいか、前ほどはほうれい線も目立たなくなってきてるようだし、何よりフェイスラインがシャープになることで見た目が若々しくなることがうれしい!周りから痩せたと思われるのも予想外だったので、うれしいオマケつきという感じです。


フェイササイズアップには筋トレだけじゃなく、美しいお肌を作り出せるモードもあるので、本当に重宝してます。もう今までの美顔器は必要ないかな?っていうくらい、フェイササイズアップにハマってしまいました。


深層表情筋を鍛えるには、お顔の筋トレが効きますよ

なんだかお肌のハリがなくなってきたなぁ。最近、洗顔して鏡を見るたびにそう思うようになったんですけど、もうすぐ40歳になるし仕方がないのかなって半分あきらめていました。


それでも何とかしたくって、化粧水や乳液を少し高いものに買い替えて一生懸命保湿したけれど、目に見える効果を感じられず。そんなときに美容に詳しい友達から聞いたのが、深層表情筋を鍛えると肌のハリがアップして調子がよくなるという話だったんです。


深層表情筋って今まで聞いたことのない言葉だったから、最初はあんまりピンとこなかったんですけど、詳しい説明を聞いて納得。深層表情筋は表情を作る筋肉の中のいくつかを総称する造語らしいんですけど、この深層表情筋を鍛えなければ、顔と言えど筋肉は衰えていく一方。筋肉が衰えれば、重力に負けて頬が下がってきたり、肌のハリがなくなったりしてしまうんですって!


この深層表情筋を鍛えるためには、お顔の筋トレをするのが一番。化粧水や乳液を高いものに変えている場合じゃなかったんです。


お顔の筋トレって言われてもピンとこないかもしれませんが、要は普段あんまり使わない顔の筋肉を一生懸命動かすことなんです。たとえば、お顔全体の筋トレをするときには口を大きく開けて目を見開いて、驚いたような表情をしたあとに、逆に口をすぼめて梅干しを食べたときのような表情を作る。それぞれの表情を5秒程度キープするのを繰り返すと、筋トレになります。


ほうれい線や頬のたるみが気になるときは、口をすぼめて左右の頬を引っ張るような感じで、素早く左右に動かすと筋トレになり、ふっくらした肌が戻ってきます。


意外と地味な感じですけど、毎日のちょっとした時間に続けるとじわじわと効果が出てきて、すこし肌のハリが戻ってきたように思います。お顔の筋トレ、お金も手間もかからずカンタンなのでオススメです!


深層表情筋とは?

深層表情筋とは、眉間に関わる筋肉であるしゅう眉筋や笑顔に関わる筋肉である頬筋、また側頭筋、口角挙筋、翼突筋などの表情を作る表情筋の一部を総称した造語です。顔の筋肉には大きく分けて2つの種類があり、ひとつはわたしたちが普段ものを噛む動作をするときに使われる咀嚼筋で、もうひとつは表情を作るときに使われる、目や口・鼻・耳などを動かす表情筋。この表情筋の一部を総称したものが深層表情筋なのですが、深層表情筋はとてもトレーニングのしにくい筋肉で、衰えてしまうことによって肌のハリやツヤが失われてしまったり、シワやたるみの原因になってしまうことがあるのです。

いつまでも表情の見た目年齢を若々しく保つためには、深層表情筋をしっかりと鍛えてハリとツヤのある美しい肌をキープすることはとても大切。しかしながら、残念なことに深層表情筋は非常に鍛えにくい筋肉であると言われています。表情筋を鍛えるためにはたくさんの種類の表情をしたり、ときには傍目にはかなりヘンだと思われるような表情を作ったりしなければならないのですが、これはなかなか大変なことです。

そこで有効的なのがマッサージで顔の筋肉を刺激して血行を促進し、代謝を促すことです。首回りやフェイス部分の筋肉が硬くなっているところをしっかりとほぐしてあげると、ハリやツヤのある肌を作ることができます。また、美顔器などを使用して、タッピングで深層表情筋を鍛え、肌のハリをキープするなどの方法でケアすることもできます。